ピシマのセフレは大阪のフリーター

   

sehure

私は40代の独身男性です。
運動を定期的にしているので見た目は細マッチョ系の体型をしています。
細マッチョという言葉だけを聞くとモテそうに聞こえますが、職場が工場で男性ばかりなので女性と出会う機会がほとんど作れませんでした。
しかも彼女も3年以上いない状態でしたのでセックスも長い期間ご無沙汰状態でした。
今まで耐えてきましたがそろそろ限界に近づいてきたので出会い系サイトを利用してセフレでも作ろうかなと考えました。

出会い系サイトはPCMAXが優良サイトと評判でセフレを募集するのにも最適だと思ったので登録してみました。
夕方から夜に女性の投稿が多いイメージがありますが実は昼間の掲示板が激熱なのです。
昼間は基本的に暇している女性が多いので欲求不満になっている傾向があります。
そこを上手く利用するとセフレを作れる確率が高いかなと考えました。
それで午前中にアダルト掲示板にセフレ募集と投稿して女性がどういう反応をしてくるのか見てみました。

昼間だとさすがに暇している女性が多く10分ぐらいで早くも女性からのメールが来ました。
22歳のフリーターで私と同じでセフレを募集しているという事でした。
それでサイトで数回やり取りをしていたら住んでいる場所が近くで自宅から歩いて行ける距離だという事が分かりました。
それでお互いのLINEのIDを好感して女性が住んでいる近くのコンビニで待ち合せる事にしました。

自宅から待ち合わせ場所のコンビニまで歩いて10分ぐらいでしたので歩いて行きました。
それでコンビニに着いたら入口付近で水色のミニスカートに白のTシャツの可愛らしい女性が一人で待っていました。
22歳という事で間違えなくこの女性だと思って話しかけたらやはりそうでした。
体型は普通で髪の毛は黒でしたのでギャルというわけではありませんでしたが、水色のミニスカートに白のTシャツという事で肌の露出が多くてかなりエッチな服装でした。
しかも白のTシャツなので明らかにブラジャーが透けていておそろく意図的にこの服装にして誘っているのだと感じました。

とりあえずコンビニで缶酎ハイを5本ぐらい買って自宅で飲む事になりました。もちろんセックスするためなのですが、お互いの気分を上げるために適度に酔った方がいいと考えました。
それで女性と手をつないで自宅まで行きました。

女性を部屋に連れ込む事に成功したのでとりあえず缶酎ハイを飲みながらおしゃべりをしました。
しかし女性の方がもう我慢が限界みたいでおしゃべりと言っても下ネタばかりになってしまいました。
それでお互い缶酎ハイを1本ずつ飲み終わったらそのまま抱き合ってキスしてしまいました。
舌がだんだん激しく絡み合ってきてそのままスイッチが入ってしまいました。
私の手は女性の胸を揉んでいて女性の手も私の股間にあるものを握っていました。
そのまま服を脱がし合ってお互い激しく愛撫し合った後に正常位で挿入してしまいました。
何度も激しく突いてお互いのタイミングを見計らって一緒にイキました。

1回セックスしてみたら体の相性がいい事がすぐ分かりました。
特に挿入した時の締まりの良さは格別でした。
この感触は絶対ものにしなければいけないと思ってセフレになってもらう事にしました。

コンビニで買ってきた缶酎ハイがまだ残っていたので飲みながらおしゃべりして休憩しました。
それで缶酎ハイを1本ずつ飲み終わったらお互いの目が合ったのでそのまま女性を抱きしめてキスをしました。
それで再びお互いの感情が高ぶりだしてそのままセックスしてしまいました。

今回は自宅で女性と2回セックスしましたが2回とも満足出来るものでしたので、その後もセックスしたくなったら女性と連絡を取り合って自宅でセックスしています。
最近はお互い性欲が旺盛で2日に1回のペースでしています。

≫PCMAXを使ったセフレの作り方

 - 大阪